Bonjour

望安島

澎湖群島の望安島
望
望安島は<八罩バツァウ>という旧称がある。
八罩群島は望安、将軍、東嶼坪、西嶼坪、東吉嶼及び
西吉嶼の六つほぼ大きな島と13小さな巨岩、サンゴ
礁からなった地形の特徵は北から南へ緩やかに下り、
海食段丘が発達し、雄大な海崖に聳える様子が遠くか
ら眺めるとウサギのようにしている。
周囲は約8.47平方キロ、澎湖の第四位大きな島、澎湖
群島の南に位置する小さな島として近年多くの観光客
を迎えて人気が高い。
望3
開放感の一面に広がる緑の草原の絨毯はまさに圧巻で
、爽やかな海風に吹かれながら、人生における大切な
至福の時間を過ごす。
望1
荒廃した民家が遊人に孤独を語って歳月の歩みには無
常を感じさせるだけにはとどまない
望2
群青の空、輝く砂浜、果たしてなく広がる海に心が解
き放たれる
望4
ぺルシャギクの花に彩られた花畑が自然好き、花好き
には見逃がせない

※解説: 波斯菊:
ぺルシャギク、キク科。空き地などに生える、北
アメリカ原産の一年草~越年草。特有の香りがあ
る。茎は高さ30~100CMになり、枝先に径2~5CM
の頭花をつける。舌状花は鮮黄色だが、基部はふ
つう濃紅色を帯びる。<ペルシャ菊がなまったも
のというが、ペルシャ(イラン)とは無関係。

望安島へ観光のお問い合わせ:(06)927-6541

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

離島の旅 | 留言:0 | 引用:0 |

亀山島の旅(日本語)

亀山島
龜山島改01
宜蘭を守る亀神獸    
【概要】
東北角海岸国立風景区における<亀山島>は宜蘭県の頭城に向かって東側の海面に
位置しているが、遠くから眺めると島の形は海面に浮かぶ巨大な海亀の様子で名に
由来している。亀山島の総面積はほぼ2.85平方㌔、地形によって首、体(亀甲)
と尾の三部分に分かれて、東西の長さ3.5キロ、南北の広さ2㌔であるが、最高峰は
海抜398Mに及ぶ。
龜山島形成

【亀山島の形成】地球の岩石圈の最上部をなす地殼は厚約100
キロメトールの板(プレート)の集りである。プレートは大陸
を構成する大陸プレートと大洋底をつくる海底プレートに分け
られ、モザイク状に散在して接し合っている。鄰接のプレート
との接觸部で地震や火山活動の原因を作る。龜山島の周辺では
フィリピン海プレートがユーラシアプレートに向かって移動し
、日本海溝で潜り込み、数の60~70ぐらい新たな海底火山が生
まれ、火山活動の活発化しそうな徵候を見せている。學者から
確認された年代測定の結果によると7000年以來、4回の噴火活
動が起った、熔岩が海上まで押し上げられて噴石が淺い海底に
堆積して厚い所が海面上に姿を現した。風化や海波の侵食作用
を伴う大きな変動が現在の亀山島の模樣を形成した。

龜舊宅
【人文歷史】
16世紀以来ヨ-ロッパ船隊が台灣の東海岸に多く訪れて來た
が、龜山島へ上陸した資料ついては非常に少ない、西洋人が
龜山島を「絕崖島」と呼んだことだけと知られる。清時代に
大陸の福建.漳州からの漁稼移民がここに移住して日本統治
時期から台灣復帰后まで人口が大幅に增加し、730人に達し
た最盛期があり、主に龜尾に集中し、小學校、発電所、飲水
供給場などが設けられたが、1977年に「軍事管制區」の成立
によって島民も台湾へ移住され、2000年に観光地として一般
開放されている。
【見どころ】
※ 龜島八景
龜日出1
朝日
清時代に宜蘭縣の官吏.烏竹芳は「龜山朝日」についての風景が日の
昇りを伴う龜山島、碧青の海に散在する漁船と綠の茂りに囲まれた山
容に屹立するなどを組む美景と県誌に載ってあった。
龜煙
硫黄の煙
觀光船で龜山島一週を巡る時、海岸に散在する硫黃噴気口から濃く硫
黃臭いが空氣中に漂っている、これは絕えない地底の熱氣が生きてい
る火山の證明。。噴口で激しかった動きの跡をつたえる白い水蒸氣を
ひどく噴氣を見せてくれる。噴氣口周囲には黑褐色と灰白色の岩肌を
さらして、硫磺の臭の漂う荒涼が續いたあたり、火山帶に特有のきび
しさをなごませて絕え間ない火山の地下活動に現世の地獄を見たのだ
ろう。噴出した大量な水蒸氣と硫酸氣体は遠く眺めると亀が煙を吐く
模様に不思議。
絕璧
絶璧
硫磺噴気口から噴出した大量な水蒸氣と硫酸氣体などの激しい侵食作
用によって山体の岩壁は斜面崩壞が形成された。また、くずれた海崖
で龜山島の7000年以來、噴火時代の異なる岩層の交互に重なり合って
いる地層がはっきり見られる、このような互相の狀態の變化によって
噴火の數と規模など知られる。
龜尾一
砂洲
亀山島の末端には長さ800~1000m円石と砂で形成された「龜の尾」と
言う砂礫海岸に延びている。火山体で構成された龜山島は長い歲月に
かけて山塊が風化.海食作用によって削剝、粉砕、海へ移動、搬運、
堆積されて生じた岩屑は細粒化の同時に角がとれ、円磨されて沿岸の
波と流によって搬運され、灣面海岸の先端から細長く突き出る「龜尾
」が作られた。每年に強い東北季風の影響を受けて縱列の「龜の尾」
が移化されることは「尾を揺らす」とという名の由来にしている
龜帽2
雲笠
龜山島を遠く眺めた場合、山頂付近にふんわりと笠をかぶせたような
雲がかかっていることがあり、これは見たとおり、「笠雲」といわれ
る。海面から水蒸氣が冷やされて粒となり、強風に吹き、上昇気流が
上空にぬけられず山頂付近で停滯していることから、天氣惡化の前兆
と言われ、高い確率で雨になる。棉帽子のような笠雲で降水確率は
80~90﹪。
龜2
龜卵
龜山島から南ヘ行く4キロの海には亀卵のような島が存在しているが
、島の面積はわずか長さ6mと広さ4mしかある、とてもミニの島とい
えるだろう。海面に突出した3~4mの高さは満潮になると沈没によっ
て普通に見られる機率が低い。この卵島は亀山島の寄生火山と言う
說もある。
海食洞
メがネ海食洞
7000年の長い歲月にかけて海に臨んだ龜山島の急斜面で硫磺から硫
酸と高溫水蒸氣に硬い火成岩を侵食しながら、風化と海食作用によ
って生ずる二重の強大な壓力で岩層の割れ目を打ち砕き、拡大して
奧行きの大きい海食洞が形成された。觀光船から眺めるとめがねの
ような洞窟が格別な地理奇景。
龜山島海底湧泉
海底の湧き泉
龜山島の周辺海域には60~70所の海底火山が存在し、噴火も海底
で起こる。200~300m以深の水底では水圧に押さえられて激しい
発泡は起こりにくい、しかし水冷破砕による砕屑物は生ずる。淺い
海底噴火は水面に褐色の變色域がよく見える、さらに火口が淺くな
るとマグマ水蒸氣爆発が起こり、典型的には「雞冠」(あるいは雞
尾狀の噴煙柱)が形成される。龜山島の海底溫泉は海底から大量に
湧出して海面が色どり乳黃色に染まれ、不思議な自然奇観になる、
時には海流とともに遠くの所に漂うこともある。
4011.jpg
<401高地の展望台>
 浮き埠頭に登ると上陸管理の哨舍におけるそばの登山口からスタ
ート、石の敷かれた階段の山道が続く1700階を焦らず一步ㄧ步し
ながら、山行の疲れが出て步行のスピーどがにぶって来るが、
1000階にあたる途中の展望台で小休止し、一氣に700階の急昇を頑
張って雑木林をぬけると山頂につく、360°視界の大展望台でなんの
遮蔽物もなく龜山島の全景が一望でき、100﹪の開放感に溢れて見
晴らし拔群が樂しめる。
龜尾湖
<亀尾湖>
案内所の付近では水をたたえて生じた龜尾湖は小さな湖盆が單純の
圓形を呈し、深度が小さく、海底からの地下水に湖水を浸透されて
塩水侵入の汽水湖が形成された。人跡の少ないので豐かな水棲昆蟲
と魚類が生息している。
觀音
整備された環狀步道が一周を步くと約30分ぐらいかかる。途中で目
を引く観音樣の像が優美に佇立して、神妙な雰囲気になにやらとて
も落ち付く氣分になる。
龜淡水
「普陀岩」の附近では龜尾湖に近づく道端の小さい冷泉池は豊富な
湧き水があふれ出ている、亀山島での唯一淡水なので飲用に適し、
顔を洗うだけでも氣持いい、ぬれる頬に風が吹きぬけると、さわや
かな気分になる。
龜軍一<龜炮
※旧兵營と炮要塞の遺跡
龜山島の軍事旧跡は清時代から海賊を警備するため、軍隊を駐留したが、日本統治時代に
「龜山警察官吏派出所」が設けられたことがあり、1977年に領海防衛の必要で軍事基地を
建設し、軍隊を駐留して2000年に台灣へ移駐したあと、観光地として民眾に一般開放され
ている。現在、南岸の登り坂に<島孤人不孤>の石碑に殘っていたまま、その時に兵士た
ちの豪情を見せてくれる。測觀所から蟻穴のようなトンネルに入ると不思議な難工事に驚
きながら洞穴の中で凉しい風に吹かれて言えないほど心地よいを感じられる。海に向いて
廃棄された40㎜機関銃が旅人に過去の榮光をひっそりと語っている。
龜軍3
*<島孤人不孤>という意味は孤独な島なのに戦闘の味方
が八方から応援する。
毛柿1
※百年巨木の黑檀.毛柿
南部及びフィリピン島の原產植物で有名の建築材及び家具材。
冷泉池側で木製の鋪裝道沿いに30メト-ル進めると県の天然
紀念物に指定された百年コクタンが円柿の実に覆われて雄大
な姿で屹立としている。
龜浦葵
※ 龜山島の珍しい植物<ビロウ>浦葵
台灣に少ないビロウ原生林は龜山島の山並みに覆われている。
ビロウは海岸の近くに生える長綠の喬木。幹は高さ15㎝、径
30~60㎝、基部はやや太くなる、葉は円形で掌狀に多數中一
やや深裂、裂片は線形で內折し、先はさらに長く2裂して先端
は下垂する。果實はやや球形で長さ1.8㎝、碧黑色に熟す。
亞熱帶に分布し、四國の南部、九州、琉球と台灣で街路樹と
庭園樹とする。若い芽を野菜とする。葉は扇や笠を編み。
拱蘭宮
< 拱蘭宮>
龜山島で唯一のお寺.「普陀巖」(別名は拱蘭宮とも言う)は
清時代の1854年に建てられた最初が僅ずか簡單なお守り袋を
祀ってあった。その後漁村へ移住する人口も多くなり、海の女
神.「媽祖樣」を祀って改め、1966年に現在に見える規模の
ような「拱蘭宮」を再建した。だが、1977年に軍事基地と諸
設施を置き、軍隊を駐留するため、漁村の全体住民が宜蘭の大
溪へ移住され、媽祖樣の主神も同時につれて行いたが現在に観
音樣を祀っており、「普陀巖」と改称している。お寺の斜面に
向う龜尾湖で莊嚴な観音樣の彿像が世の人間に極樂淨土を語る
ようにして旅人の疲れ心を慰める。
【観光のお問合せ】
東北角海岸國立風景區管理處
住所:台北縣貢寮鄉福隆村興隆街36號
電話:(02)2499-1115
FAX:(02)2499-1170
e-mail:www.tbrocne.gov.tw
【見學の注意事項】
1.来島観光は毎年3月~10月に開放し、東北角管理處の訪島
許可を要する
2.亀山島では開放される區域以外に安全のため勝手に進出し
ないように
3.島內で宿泊を許さぬ食べ物や飲用水の用意が必要、捨てる
ゴミなども自分でもって帰る、環境の保護をご協力くたさい。
4.人跡の少ないので豐かな自然生物をもつ亀山島は落石、洞
穴、倒れ木、毒蛇虫、蜂などに隠れる危機を要注意!

龜遊艇
※ 觀光船の連絡先:
慶鴻号(03)9781865
新福豐(03)9781496
新漁盛(03)9781311
新航(03)9781801
龜山朝日(03)9782511
蘭鯨(03)9781865
北極星(攜帶電話)0939310369

題目:論文。報告。心得 - 部落格分类:學術文藝

離島の旅 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |
free counters