Bonjour

霰石雑談

玄武岩柱の絶壁
澎湖玄武1
文石<霰石あられいし>:世界中でイタリアと澎湖群島
だけが数少なく取れる獨特の紋のある珍しい石。
文石の形成については約百万年前後、地球プレートの激
しい造山活動によって噴出したマグマが冷却、固結を経
て玄武岩の内部に数多くの小さな穴が生じた、主に炭酸
カルシウムと他の鉱物を含んだ水分が岩石の穴に浸入し
たまま、
文石
数万年の程に堆積し、美しい幾何のような紋になった結
晶の<文石>を産生したのである。
文石2
文石のレベルは産地と独特な紋によって違う下記の六つ
種類に分かれている:
(1)望安と将軍二つ島から採掘された墨緑色或は褐色を
もつ同心円の紋を呈し、硬度が高いものは高級品だと認
められる。
(2)西嶼島から採掘された黄金、淡黄と黄色をもつ白い
紋を呈し、硬度が小さいものは中級品だと認められる。
(3)白砂島、通梁及び望安島の山仔、東坂などから採掘
された鮮緑或は乳白色をもつ変化が多い同心円の紋を呈し
、中級品とも認められる。
(4)<白石膏>と別称し、乳白色或は卵黄色をもつ紋が
なく、砕けやすいものは低級品だと認められる。
(5)風櫃付近から採掘された深黄色或は淡黄色を持って
磨く、仕上げの後、奇妙な山水、花の紋になる奇石怪岩。
(6)、玄武岩の裂け目或は節理から掘り取った山水紋を
呈す片層状の奇石怪岩は普段に室内の置き飾りとして人
気がある。

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

お土産 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |
free counters