Bonjour

TAIWAN木造駅舎の旅(30)

渓湖製糖工場駅
溪湖AA
ここは彰化県の渓湖鎮にある製糖工場であった。
溪湖A
1950年代以降は彰化県で唯一正常に操業していた製糖工
場であるが、
溪湖B
糖業の衰退と共に2002年製糖も停止した。
溪湖P
もちろん人と砂糖きびを運搬する列車も走らなくなり廃線と
なった。
溪湖PP
旧駅舎は完全に廃墟と化した
溪湖K
建物内外は、野ざらしの状態で放置され、
溪湖E
風雨にさらされるばかりとなっている。
溪湖O
荒れ果てた駅務室は、
溪湖M
幽霊屋敷のわびしい雰囲気が周囲を包み込んでいる。
溪湖H
ここまで傷んでしまえば修復することは不可能で、
溪湖D
取り壊しの作業を待つこともなく、この木造駅舎は崩れ落ち、
消え去っていく違いないだろう


題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |

TAIWAN木造駅舎の旅(31)

関山駅
關山一
関山旧駅舎は、1922年4月20日に 里壠駅を名乗って開業し、
關山二
1937年11月1日に関山駅と改名され、今日まで使用している。
關山三
1970年ごろ台東線の工事に併せて、旧駅の100m南側に新駅
を建てた。
關山四
旧駅舎はその時から保存されており、
關山十
現在は、サイクリングステーションとして利用されている。
關山六
外観は一部に洋風の造りを取り入れたレトロな木造駅舎。

題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |

TAIWAN木造駅舎の旅(29)

旗山駅
旗津驛AB
旗山は高雄市の東南に位置し、高温多雨な熱帯気候に
恵まれ、旗山の最も重要な産業はバナナに代表されて
いる。
旗津驛B
旗山鎮の旗尾にある製糖工場は1909年に創建し、日本
統治時代に高砂製糖株式会社といわれ、地元住民が旗
尾糖場と呼ばれていた。
旗津驛C
製糖の衰退と共に工場も閉鎖されることとなった。長
らく放置されていたこのこうばだが、昨今の古跡とし
て保存、再利用されている。
旗津驛D
日本統治の半世紀では、旗山に製糖工場を開設し、そ
の運搬を担う鉄道も敷かれて地域住民の足として活躍
していた。
旗津驛F
現在は栄華も過去のものとなり、駅構内に残る施設が
往時を偲ばせているだけである。
旗津驛H
旗山旧製糖工場の駅舎は復新街と中山路にある交差点
にあり、
旗津驛I
1982年に運行を停止、1996年に廃線されることとなった
旗津驛M
建築様式は当時一世を風糜したルネサンス調の華や
かな装飾と木造のゴシック流れを組むデザインである。
旗津驛O
現在は修復工事を経て古跡の指定を受けることとなり、
旗津驛K
のんびりと歴史建築の趣を味わうことができる。
旗津驛L
切符売り場が変身し、お土産の売店になっている。
旗津驛J
駅長の休憩室も併設し、昔の面影を再現している。
旗津驛N
「駅カフェ」ののどかな雰囲気。

題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |

TAIWAN木造駅舎の旅(28)

三塊厝駅
塊厝三AA
高雄市内に唯一残る日本統治時代の木造駅舎である。
塊厝三M
1908年に 「臨時停車場」として開設していたが、1912年4月
までに 駅員を配置して貨物業務を始め、
塊厝三D
1923年頃駅舎を建てた。
塊厝三E
今日の高雄駅が出来る前の日本統治時代には、三塊厝駅
が高雄高校の生徒や教師及び付近住民の重要な門戸であった。
塊厝三F
戦後に高雄駅が港から現在の場所に移転すると、本駅は
(新高雄駅と)近過ぎる為に利用客が大幅に減少し廃止の
運命となった。
塊厝三G
旅客輸送は屏東線のみで扱い、縱貫線列車は停車せず、
ホームも無かった。
塊厝三H
高雄市街鉄道地下化計画及び台鉄捷運化によって縱貫
線の旅客駅として再オープンる予定がある。
塊厝三I
駅の構造は、島式ホーム1面2線の地上駅で、単線である
屏東線の交換駅であった
塊厝三L
2004年4月9日に 高雄の市定古蹟に指定された。
塊厝三K
現在、リフォームした三塊厝駅舎は、網柵に囲まれ、野草
が生い茂り、わびしい雰囲気が周辺を包み込んでいる

題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |

TAIWAN木造駅舎の旅(27)

林鳳営駅
林鳳營A
昭和8年(1933年)に竣工したこの駅舎は水田に囲まれた
静かな田舎の駅であり、
林鳳營L
停車する列車は少なく、出入りする客の姿も見当たらない。
林鳳營B
この駅舎を始め、台湾南部にはいくつかの木造駅舎が残っ
ているが、
林鳳營F
いずれも駅舎に扉がないという共通点を持っている。
林鳳營E
何度の改修工事を受けているため、駅舎の外観に白
色ペンキが塗られており、老朽化と進んで感じられる。
林鳳營C
木造なので傷みが目に付くことは多くある。
林鳳營D
通勤通学の時間帯を過ぎてしまうと、待合室に人影
を見ることは殆んどなく、寂しい雰囲気に包み込ま
れている。
林鳳營M
一般乗客が立ち入る事ができないガラス窓の向こう側…
つまりは駅長さんが働く駅事務室内部である。
林鳳營I
天井は木のままで、竿縁天井の造りを残し、開業以来
の造りなのか、かなり古びた感じがする
林鳳營H
長年使われていない荒廃の和風駅員宿舎。

題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |下一頁>>
free counters