Bonjour

雪覇国立公園の観霧(日本語)

雪覇国立公園の観霧
雪農01
【概要】
観霧とは原住民のタイヤ族語により「もっと高い山」という意味である。
台灣植物の分布は海拔の1700㍍から2200㍍にかけて雲霧地帶と称されて
いる。台湾屈指の針葉美林はこの地域に広がっており、自然の宝庫である。
站二
【観霧管理站】
雪霸国立公園の境界石碑から少し前に行くと道が分岐され、左の坂道へ
と進めると「観霧管理所」と言うVisitor centerにやって来る。
毎日AM09:00開館、30分間ごとに雪霸国立公園の美しい自然風景と稀の
台湾固有生物を紹介する映像を見ることができる。
また、可愛い紀念品を販賣しており、特には館內でのんびりと心温もりの
コーヒ-も賞味できる。館外を出て壮観な雪山連峰、雲霧步道、榛山を
眺めながら散策気分で台湾高山の絶景を満喫する。
大鹿林道
【大鹿林道】
森林を採伐して木材を運搬用の山道。昔は道端の随所に梅花鹿の姿が見か
けるのに名の由来している。現在はに鹿の姿がなくなった。
車窓の外には吉野杉と台灣杉の人工林を見ながら、自然の新鮮な空気を吸
い、何も心地良い。
森林の木はヒノキ、ガヤ、ブナ、ケヤキ、カエデなどからなる。
觀霧4
【観霧山莊】
森林採伐する労働者に泊まる寮であった。採伐事業の衰えと共に林務局の
事務所と宿舎となっている。時にも登山者に使用されることがある。
食事材料の準備するため、預約必要。
山荘の前には美しい霧社山桜やと台灣クズノキなどが屹立しており、遠く
の雪山連峰のパノラマ眺望が素晴らしい。
觀霧1
【巨木林道】
「樂山戰備道」から1㎞道標の附近に入る。巨木林道の登山口から歩いて、
往復の距離は5.6㎞あり、3時間ぐらいかかる。
沿路にはスギ、ヒノキ、二葉松、紅葉、楓の木と可憐な花々を見ながら
、野鳥のさえずりを耳に傾けて何よりも気持ちいい。
いつの間にか、霧の中に入り仙境のように雲海が身に包む。山道終點に
待つのは2千年を越えるヒノキの巨木が迫力満載。
巨木は今、国の天然紀念物に指定、保護されている。
初めに訪れる人々は巨木の雄大な姿に驚かせ、楽しくて紀念写真を撮り
に来る。
雲霧步道
【雲霧遊步道】
雲上に步くことは夢ではないと言ったら信じるか?
天候に惠まれ刻々と変化する雲に近く感じる、雪山連峰を眺望しながら
中国山水畫のような美景に心酔われる。
觀霧3
【観霧滝】
観霧山荘から観霧滝の道標沿いに雑木林をくぐり、急坂に下りる。
往復距離は2.4㎞あり、1時間半が必要。
緑の森林に囲まれた觀霧滝は山岩から染み出た清冽な水が滑り落ちる白
系のような瀧。ひっそりとしていながらも絕え間なく続く水音、飛沫。
榛山步道
【榛山步道】
大鹿林道西線から20分ほど步いて、登山道が分岐し、環狀步道なのでど
ちらか行っても原点に戻られる。
歩道の四季は色彩に染まる雜木林、春にサクラとツツジ、秋にブナやモ
ミチやカバノキやヒノキやマツ及びスギを混生し、靜かな山步を樂しめ
る。
山頂に着くと景觀も広く開け、積もる落ち針葉が多く足もとにマッサー
ジ気持ち良い。パノラマ大展望で大小霸尖山、雪山連峰、樂山、檜山
などが眼前に押して来る迫力満点。
山頂に生息する台灣固有種の玉山ツツジが見え、每年4~5月にはお花見の
季節になると鮮やかに咲いている。葉の裏面は白味み強い特徵で濃紅白
の花は美しい。
賞鳥一
【野鳥觀察步道】
大鹿林道西線の入口から少し進むと野鳥観察步道の道標に入る。
寂静な森林の中に足を止まると鳥のさえずりを耳に傾け、なんでもいえ
ない気持ちがいい。
観霧の落葉広葉林と針葉林に生息する野鳥は冠羽畫眉(カンムリチメド
リ)、藪鳥(ヤブドリ)、金翼白眉(キンバネホイビイ)、白耳畫眉
(ミミジロチメドリ)、繡眼畫眉(メジロチメドリ)、太嘴鴉(ハシ
ブドカラス)、黃腹琉璃(オオルリ)、小鶯(コウグイス)、大冠鷲(カン
ムリワシ)、林鵰(カサノワシ)また珍しい帝雉(ミカトキジ)藍腹鷴
(サンケイ)など様々な山鳥を十分に堪能できる。

題目:論文。報告。心得 - 部落格分类:學術文藝

國家公園 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |下一頁>>
free counters