Bonjour

和風を濃厚に感じる湯守観音寺

普済寺
PIC_0758.jpg
北投の普済寺は台湾でも珍しい日本真言宗の寺院である。1905年(明治三十八年)
九月に開かれ、地元では「鉄真院」の名で親しまれていたという。戦前に発行さ
れた旅行案内などを見ると景勝地として名高く、人気を集めていたことがある。
PIC_0772.jpg
賑やかな温泉町を抜け、鬱葱と繁る並木に覆われた石段を登って
いくと正面には本堂が荘厳に聳えている。
PIC_0771.jpg
堂内には畳敷きとなっており、これはいうまでもなく、日本人が
持ち込んだ寺院建築の名残である。観音像はこの寺院が開かれた
際、西門町にあった西国三十三番観音像をもとに造られたもので
あったというが、現存する佛像は1930年に安置されたものであり
、「湯守観音」として信仰の対象となっている。
PIC_0761.jpg
白亜の壁と鐘状の窓を飾る和風の建築式様が混在する独
特の佇まいを呈している
PIC_0762.jpg
古寺の面影を残しつつ、落ち着いた雰囲気で魅力的な寺
院となっている
PIC_0767.jpg
鉄真院は日本統治時代、台湾でも指折りの大型寺院建築
であった。戦後には何度か補強工事が施され、外観とし
てはほぼ完全に原型を保っており、一見したかぎりでは
保存状態も良好のように見えるが、屋根などの傷みは深
刻で、雨漏りが絶えないと住職は語っていた。現在は台
北市の指定する古跡として保存されている。
PIC_0765.jpg
この寺院は総督府鉄道部の職員が中心となって開かれた
という経緯を持ち、信徒にも鉄道部に勤務する者が多か
ったようである;本堂の脇には台湾総督府鉄道部運輸課
長であった「村上彰一」についての石碑が残っている。

北投普濟寺為台灣罕見的日本真言宗彿寺。1905年由日籍
鐵道部員工集資興建原名鐵真寺,寺中供奉湯守觀音。彿
寺採日式風格平面佈局,保存極為完整在台灣並不多見。
大殿建築物採單簷的歇山式,面寬三開間,進深亦為三間
,近正方格局,屋頂向前延伸成為玄關為日本江戶時期常
用的形式。全殿以高級檜木建造斗拱及虹傑雕刻,精美鐘
狀窗子亦有特色。湯守觀音石像和村上彰一翁碑等文物同
樣深具歷史價值
参考資料:
日本統治時代の歴史遺産を歩く 片倉佳史著
普濟寺 解說牌 台北市政府

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

寺廟 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |下一頁>>
free counters