Bonjour

台湾の美しい鳥類十四

ホシガラス(星鴉)
starmagpie3.jpg
スズメ目カラス科のホシガラスは亜高山の針葉樹林に住む鳥である。
全長34.5センチ、体重200クラム位、鳩ぐらいの大きさで、黒褐色の
体に白い小斑点の樅すじがあり、飛んでいると尾の先端と下尾筒の
白い部分が目立ち、ホシカラスの名に由来している。
starmagpie1.jpg
「ガーガー」というしわがれた声は遠くからでも聞こえる。嘴は
カラスの仲間としては細めて長い、針葉樹やブナなどの実や昆虫類
を食べる。高山でよく見かける、単独でいることが多く、翼を緩慢に
ややあいだをおいて羽ばたき、フワフワと感じで飛ぶ。
starmagpie2.jpg
松などの実を集め、蓄えておく習性もあり、登山道やその脇岩や木
の根のまわりには球果とその破片が多数散らばっているのを見かける
ことがある。これはホシガラスが松の球果をくちばしでつついて壊し、
なかの種子を取り出した場所で、「調理場」と呼ばれている。


題目:飛羽翱翔 - 部落格分类:寵物樂園

虫魚花鳥 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |下一頁>>
free counters