Bonjour

台湾の美しい鳥類三十七

※花盗人のヒヨドリ(中国名:棕耳鵯)
tsuwunbai3.jpg
ヒヨドリは日本、朝鮮半島南部、台湾、フイリピン北部など
に分布し、生息する。雌雄同色、全長約28㎝、体重60-75g、
尾は長めて体はほっそりとしている。ヒヨドリは、今日で
は各地の森林、公園、市街地などでふつうに生息し、繁殖し
ており、餌台にも飛来する身近な野鳥である。
tsuwunbai2.jpg
ヒヨドリの食性は多岐にわたっている。昆虫、果
実を始まり、ヤモリも食べる。人の与えるパンも
好物である。また、たいへんな甘党であり、細長
いストローのようなくちばしで季節の花の蜜を吸
う。コップに入れたジュースや砂糖水を好んで飲
むのが見られる。
tsuwunbai4.jpg
春から秋には空中を飛ぶトンボやガ、セミなどを追跡して
捕食する。樹木に止まっているセミはいったん追い立て、
飛び立たせてから空中で捕穫することが多い。
tsuwunbai.jpg
また、秋から冬には山林、公園の果実を好んで食べ、果肉
部分を消化吸収し、種子を糞として排出する。果実食のヒ
ヨドリは種子の散布にとってもきわめて重要な鳥なのである

題目:飛羽翱翔 - 部落格分类:寵物樂園

虫魚花鳥 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |下一頁>>
free counters