Bonjour

台湾郷土の旅26

台東市タイドンスー
daidonshix區
【面積】109.8平方㌔
【人口】108816人(2011年1月)
【人口密度】1011/平方㌔
【水道水普及率】89.7﹪
【工場数】218﹪
【村里数】46
【農林水産物】釈迦、杭菊、ローゼル(洛神花)
【病院数】85
【名物】
◎釈迦
daidonshi釋
◎ローゼル
daidonshix洛
◎杭菊
daidonshix杭

【概要】
DONDON.jpg
台東市は台湾の東南部にある最も大きな都市である。その地形
は太平洋に面し、背後に中央山脈が屹立しており、境内の流れ
る卑南渓は大武山から流れ出し、東に向き太平洋に注いている。
daidonshix族
台東の開発歴史は長くないが、台東市の建設が全島の各県市と
比べると遅れるので、台東市内にも漢族の客家、閩南、外省人、
卑南族、アミ族、パイワン族などの人々が住み、台湾でも指折
りの多彩多様な住民構成となっている。
daidonshix覽
台東の旧名は「宝桑庄Paposogan」と呼ばれ、アミ族語によって
は「丘」という意味である。昔の台東平原には多い丘が分布し
たので、名前の由来となった。
daidonshix日
清の光緒元年(1875年)には卑南庁が設立され、日本統治時代
の1897年に台東直隸州と改称し、それから台東の名前はずっと
現在まで用いられている。

【見所】
◎卑南文化公園
daidonshi遺1
1980年ごろ、南廻鉄道を建設するために台東駅周辺で工事を行
われていたとき、地下に埋めた数千個石棺と副葬品など卑南遺
跡が発見された。
daidonshi遺2
発掘調査研究により新石器後期の卑南文化と認定されているが、
珍しい発掘実物の保護と保存するため、1990年に研究、展示と
して総合的な「台東史前博物館」を成立し、古代の台東歴史の
移り変わりを見学できる場所である。
住所:台東市南王里文化公園路200号 電話(089)233466

◎鯉魚山公園
daidonshi魚
鯉魚山は旧台東駅舎の背後に聳え、標高僅か75㍍の低山である。
山の形は鯉の様子をしているので、名の由来となる。
daidonshi魚1
鯉魚山境内には龍鳳佛堂、また日本神社から戦死者を祀るへと
変えられた忠烈祠などの見所が楽しめる。遊歩道沿いながら、
頂上に立つと、台東町の全体だけでなく、青い太平洋、雲にか
かった都蘭山など一望できる。

◎海山寺
daidonshi海寺
海山寺は東部地方に現存する百年歴史的な意義がある古い寺院
である。創建は清の同治13年(1874年)のことで、その時の本
殿では「南路理蕃同知」官吏の袁聞折が大陸から台湾の台東へ
赴任した時、持ってきた観音菩薩像を祀っていたが、
daidonshi海寺1
日本統治時代には日本式寺院と改築されながら、大雄宝殿で釈
迦牟尼佛など三つ仏像を祀って改め、現在は鉄筋コンクリート
宝塔様式建築として独特の佇まいを呈している。
住所:台東市中正路88号 電話:(089)322604
◎天后宮
daidonshi后
台東の天后宮も台東境内に現存する百年歴史的な意義がある古
い廟宇である。清の光緒14年(1888年)には、台東境内の住民
が高い税金の不満を背景に官庁攻撃の反乱が起こり、防衛軍を
率いて台東城を守る提督張兆連が飲用水の不足を悩み、ついに
水乞いを媽祖娘々に祈っており、そのおかけでは望みどおりに
水源を発見したといわれる。
daidonshi后2
乱の平定後、媽祖娘々に感謝するため、台東天后宮を建て、光
緒17年(1891年)に竣工した。光緒皇帝から賜る「霊昭神祐」
と書いた扁額が昔のまま、主殿に掛けてある。
daidonshi后1
毎年の旧暦正月十五日に行われる「炮炸寒単爺」という民俗イ
ベントが全国に注目され、すごく人気を集めて迫力感あふれる
賑わい光景を見せてくれる。
住所:台東市中華路一段222号 電話:(089)32517

◎黒い森林と琵琶湖
daidonshix黑
中山路沿い北へ進むと原住民文化会館に辿り、真っ正面の森林
公園入口に入ってから鬱葱と繁るモクマオウの森林は清涼、爽
やか自然の風景が旅する者の気持ちをいやが上にも高ぶらせて
くれるに違いない、木々との心の会話の旅がここから始まる。
daidonshi黑1
境内には環境にやさしく健康にもよい環湖サイクルロード(自
転車道)も整備されており、草木や花などの匂いや、心地よい
風を感じながら走ることの楽しさも堪能できる。

◎台東海濱公園
daidonshix岸
台11号道路沿いサファイヤのような太平洋に臨んだ豪快な海岸
線が数キロ続く、開放感あふれる広い丘の草原をを渡る風を感
じながら、広々とした一直線のサイクルロードを、ブレーキも
かけずに駆け抜ける快感が忘れられる。
daidonshix希
公園内で目をつくのはギリシア神殿様式の「宝桑ボアォサン」
という「廊亭」がそびえており、太平洋の迫力が一望できる展
望台で、運良かったら遠くの緑島が見られる日もある。
daidonshi濱
または、パラオから贈る南太平洋色豊かな「Bai」という男の
会館建物も他の地方には見られない異国的な景観や新しい風光
を生みだし、魅力ある目玉の建物として見物客を集めている。

◎小野柳
daidonshix小柳1
小野柳は富岡漁港から北へと入る1キロ付近にあり、昔のアミ
族「カルラン社」の祖霊聖地だといわれる。カルランとはアミ
族語によって髪を洗うところで、住民が川畔に富んだ粘土鉱物
を生かし、髪に美しく仕上げることができるそうである。
daidonshix小柳
小野柳の自然景観は砂と泥で生じた岩層が厚くさんご礁岩に覆
われて、数千年以来、海水の作用による陸地の侵食を形成され
た海食の窪み、洞門、棚と台などの奇岩怪石が見られる。現在
も東海岸国家風景区の一部分に指定されており、北部の野柳に
まけない国内屈指の地理観光スッポトとして人気を集める。
小野柳案内所(089)281136

◎台東鉄道芸術村
daidonshi鐵村1
台東最後の清朝知州(官吏名、県の知事に当たる)は胡鉄花(近
代名人胡適博士の父親)といい、彼を記念するため「鉄花路」
という道路があり、台東旧駅舎もそこにある。
daidonshi鐵村
2001年に長らく東部の交通を支え、地域住民の足として活躍し
ていた台東旧駅舎は新たな南廻鉄道の運行が始められるともに
営業も停止され、2003年に鉄道と駅を記念いた芸術村となって
おり、珈琲館や売店なども併設している。
daidonshi鐵村2
村内では昔の黄色い列車、木造機関車庫や事務所に当時の模様
が偲ばれて興味が深い。もしくは、不定期に国内外からの芸術
団体が素晴らしパフォーマンスを行われる。
住所:台東市鉄花路 電話:(089)346709

◎台東宝町184番
daidonshix寶
ここは日本統治時代に台東州知事の官邸として造営された木造
建物である。竣工時についての詳しい状況は不明だが、終戦後
、この昭和初期の雰囲気にあふれるヒノキとスギの建物は一時
期に公務員の宿舎となっていた。
daidonshi町
現在、これら6軒の古い建物は再利用、再開発が進められ、2003
年に日本職人らの協力で一年間にわたる修復工事を経て、ここ
は芸術サロンとして最オープンした。
daidonshi町1
室内外には映画、美術、地方文化といった芸術に関する専門書
店が設けられ、珈琲館も併設されている。
住所:台東市中山路184号 電話:(089)311795

◎国立台湾史前文化博物館
daidonshi館
2001年に竣工したこの博物館は11ヘクタール広い敷地を占め、
daidonshi館2
250万年以来、台湾島の誕生から人類が台湾島への入植、発展
してきた歴史までに凝縮され、新石器時代に当時の人々の生
活の様子を分りやすく展示しており、
daidonshi館1
台湾の過去を楽しめながら、様々な角度から知ることが出来る。
住所:台東市豊田里博物館1号 電話:(089)381166

【年中行事】
◎「炮炸寒単爺」
daidonshi單
旧暦1月15日に行われる
◎卑南族の少年猿祭
daidonshi卑
◎大猟祭
daidonshi卑1

【宿泊施設】
◎娜路湾観光ホテル
台東市連航路66号 電話:(089)239666
daidonshi娜
◎原住民文化会館
daidonshi原
台東市中山路10号 電話:(089)340605
◎台東公教会館
daidonshi公
台東市南京路19号 電話:(089)310342
◎夏威夷ホテル
daidonshi夏
台東市中華路三段77号 電話:(089)329799

【地元グルメ】
◎卑南豚血湯
daidonshi血
◎蕭家肉丸
daidonshi肉
◎正老東台米苔目
daidonshi苔
◎林記臭豆腐
daidonshi臭
◎津芳氷城
daidonshi冰
◎卑南包子店
daidonshi包

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾地方の旅(日本語) | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |下一頁>>
free counters