Bonjour

TAIWAN木造駅舎の旅(26)

烏樹林
烏樹林A
製糖産業は長らく台湾の経済を支えて来た。
烏樹林B
その運搬を担う鉄道は網の目のように線路が敷かれ、
地域住民の足として活躍していた。
烏樹林C
現在、烏樹林糖業所の鉄道設備は、行楽客を相手に
観光列車を運行し、人気を集めている。
烏樹林E
砂糖きびの運搬を担った製糖鉄道は明治43年(1910年)
に開設された。
烏樹林L
この烏樹林木造駅舎はいずれも往時の雰囲気を色濃
く残している。
烏樹林D
運行関連の機器が昔ままのようにも置かれている。
烏樹林F
今日も鳴り響く列車を見送る銅鐘。
烏樹林G
かなり古びたキャビネット
烏樹林H
今でも使われなくなった古い車両が駅に放置されているの
見る事もある
烏樹林I
骨董品級の古めかしい別棟のトイレ。
烏樹林K
戦争時代に使用された古い防空壕も残っている。


題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |
| 主頁 |下一頁>>
free counters