Bonjour

台湾郷土の旅110

麻豆マード
madochung00A.jpg
【面積】54平方㌔
【人口】45402人(2013年3月)
【人口密度】879/平方㌔
【水道水普及率】98.4﹪
【工場数】178
【村里数】29
【病院数】31
【農林水産物】文旦、ゆず、アボカド、ライマメ
【名物】
◎文旦
madochung旦
◎碗稞
madochung碗
【概要】
madochung00.jpg
麻豆は台南市中部に位置し、嘉南平原の中央にある
地勢は平坦であり、曽文渓が南部を流れ肥沃な土壌
が広がっている。
madochung港
麻豆は元来西拉雅平埔族4大社の一つに数えられた蔴
荳社の集落が存在しており「麻豆番社」とも称された。
madochung街2
「麻豆」(原住民語でMattau或いはMattauw)の由来
は平埔族語のMatta(目)とau(港)の複合語であり、
この地区の中心地として「中枢、中心地」の意味か
ら命名された。
madochung街
オランダ統治時代はこの地区に「教会大学」が設けら
れるなど、早くから開発が進み、砂糖と染料の集散地
としての商港で盛んでいた。
madochung巷
清代になると漢人が大量に入植するようになり「蔴荳
保」の町が設置された。
madochung旦3
日本統治時代初期には清代の制度を継承し、1897年に
「蔴荳弁務署」が設置され、台南郡の管理下であった。
madochung旦1
麻豆の文旦は全国有数の生産を誇る特産品である。
madochung旦2
初春に麻豆の文旦果樹園に訪れて来ると文旦花の濃厚
な香りが漂っており、鼻をくすぐり心酔われる。
madochung獎
麻豆の文旦は日本統治時代に皇室御用達の果物として
宮内に納入されていたそうである。献上品の栄光の歴
史は郭家の文旦畑で「麻豆文旦の沿革」に載った石碑
が存在している。
【見所】
◎麻豆代天府
madochung代
南勢里関帝廟にある代天府は、李王、池王、呉王、朱
王及び范王など五人の王爺を祀っているため、五王廟
とも呼ばれている。
madochung五府
台湾での五府千歳の重要な信仰地として連日賑わって
おり、広大な敷地に占める廟宮は前、中、後の三大拝
殿と観音殿に分かれておる。
◎麻豆港碼頭遺跡
madochung港1
麻豆は近世、水運船道の河港町として栄え、河道が泥
土の堆積と河岸線の変遷により、廃港となっていた。
madochung港3
今も旧河港跡が残されており、水堀頭公園を名乗って
昔の面影を訪れ者に偲ばれる。
◎麻豆総爺糖廠
madochung街4
37㌶の広大な敷地を占める総爺製糖工場は、日本統治
時代に明治糖業という株式会社が経営していた。
madochung總
今は昔懐かしい赤レンカと木造の建物が残っており、
芸術展示スペースとして再利用されている。
◎林家古宅群
madochung林
清時代の台湾では北の林本源、中の林献堂、南部の
林文敏などという三大の「林」豪族がいる。林文敏
の子孫らは今、昔のままに麻豆に住んでおり、数多
くの職人の巧みを凝らし古い家屋も残っている。
◎漬物巷
madochung鹹
かつて麻豆では、つけもの製造の最盛期には、町内
だけでも数多くの漬物屋があったのですが、現在は、
時代の変遷と共に凋落が始まり、麻豆のある町には
漬物桶が行き交う人々に過去の歴史を語っている。
◎麻豆鰐王
madochung鱷1
園内では人気を集める750キロ重さの巨鰐を除き、
稀の白猿、白蛇、白鹿、二首亀、オオアナコンダな
どの珍禽奇獣をそろい、展示している。
【年中行事】
◎五府千歳祭
madochung祭
麻豆地域には重要な祭日の一つで、丑年、龍年、
羊年及び狗年などに行われる。
【宿泊施設】
◎棕梠家汽車商務旅館
madochung宿棕
麻豆区興國路63之2號 電話(06)5710360
◎王子汽車旅館
madochung宿王
麻豆区苓子林16號之9 電話(06)5700166
【地元グルメ】
◎碗稞
madochung碗1
◎文旦餅
madochung餅
◎米糕
madochung糕

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾地方の旅(日本語) | 留言:0 | 引用:0 |
<<日本錢湯50 | 主頁 | 台湾の美しい鳥類161>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters