Bonjour

台湾郷土の旅112

西港シーガン
shiganosha000.jpg
【面積】33.8平方㌔
【人口】24980人(2013年4月)
【人口密度】777/平方㌔
【水道水普及率】99.1﹪
【工場数】109
【村里数】12
【病院数】10
【農林水産物】洋メロン、ごま油
【名物】
◎黒ごま油
shiganosha油1
【概要】
shiganosha00.jpg
西港は台南市の南西に位置し、曽文渓北岸に広がる
平坦な地勢であり、平均海抜は5mである。
shiganosha01.jpg
西港はかつて台江内海の港湾として繁盛、「港仔」
と称された。
shiganosha04.jpg
また当時の農産物交易の中心であった麻豆の西側に
位置していたことから「西港仔」とも称されるよう
になった。
shiganosha02.jpg
日本統治時代の1920年に「西港」と改称され、
1948年に「西港郷」、
shiganosha03.jpg
2010年12月25日の台南県の台南市編入に伴い「西
港区」となり現在に使用されている。
【見所】
◎慶安宮
shiganosha007.jpg
西港玉勅慶慶安宮は、主に天上聖母と代天巡狩十二
瘟王を祀っており、3百年余りの歴史を持つ宮廟で
ある。清の康熙51年(1712年)に鄙びた祠を宮廟と
改築し、鹿耳門天后宮から天上聖母を迎え、鎮座し
ており「慶安宮」と改称されている。
shiganosha006.jpg
清の乾隆49年(1784年)から始め、三年ごとに建醮
大典(俗称は刈香グァシャンと呼ぶ)を行い、229年
の長い歴史を超えた西港香は南瀛五大香の一つとし
て広く知られる。
◎姑媽宮
shiganosha估0
明の萬暦8(1597年)年に創建したこの宮廟は、
『鄞、何、李、紀』など四名の仙姑を祀っており、
清の諸羅県誌によって台湾九大の古廟である。
shiganosha估
四名仙姑は仙姑娘媽とも称され、清の乾隆21
年に超自然的な働きによって起こる不思議な
現象があった理由で、皇帝様から賜る「文官
下轎,武官下馬」という石碑が建てられた。
shiganosha估1
近代の1978年、鄙びた宮廟の建物はガジュマル
巨木の生長によって大きな損害を受けており、
村長の陳炎祥さんが諸神像を安置し、宮廟を改
築し、昔の面影を再現した。
【年中行事】
◎西港仔郷
shiganosha005.jpg
屏東県の東港と共に台湾二大の香科醮典を誇る
お祭りである
【宿泊施設】
◎新都旅社
西港区西港里中山路210,212號 電話(06)7952298
【地元グルメ】
◎炭焼き刈包
shiganosha食包
◎蝦肉飯
shiganosha食蝦1
◎碗稞
shiganosha食碗

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾地方の旅(日本語) | 留言:0 | 引用:0 |
<<日本錢湯52 | 主頁 | 台湾の美しい鳥類163>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters