Bonjour

TAIWAN木造駅舎の旅行(3)

大山01
東京の東武鉄道東上本線で「大山駅」があり、台湾の
海線でも同名の「大山駅」もある。
大山02
海線の建設は台湾農作物の輸出量が増加し輸送量の増
大が求められるようになると、山間部を走る山線では
機関車の能力不足もあって、
大山03
輸送本数の増大が不可能となり、多くの貨物が駅に山
積みされるという「滞貨事件」が発生ていた。
大山04
1919年、台湾総督の明石元二郎は、山線沿線の保守勢
力を抑え、海線の建設による輸送量増大に着手した。。
大山12
1922年10月11日に大山脚駅として開業し、海線の途上
にある小さな田舎駅である。
大山11
駅舎の全体は白と褐色を基調にし、柱や梁を外側に出
して壁に漆喰などで塗り固めた。
大山05
切符売り場も昔から変わらない。
大山07
日本統治時代から残った駅勢要覧に
よって大山駅の駅長は30代目以上になる
大山08
晴れの4月29日は取材のため、海線の大山駅に来て親切
な副駅長曾紹修さんにあい、いろいろなお世話になっ
ておりました。
大山06
心から感謝と申し上げたい。彼のご協力によって文化
的な価値の高い「駅勢要覧」の資料、印章、施設など
を見せていただき、感動しました
大山09
大正時代を感じる木製の新聞掛け。
大山10
乗車券に日付を刻印する機械は
悠久な歴史を感じさせる

題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |
<<台湾の美しい鳥類169 | 主頁 | 東京都の温泉69>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters