Bonjour

台湾郷土の旅118

後壁ホービ
hobishanAA01.jpg
【面積】72.2平方㌔
【人口】25,104人(2013年5月)
【人口密度】390/平方㌔
【水道水普及率】98.5﹪
【工場数】84
【村里数】22
【病院数】8
【農林水産物】稲米、グアバ
【名物】
◎「台農71號」(益全香米)
hobishanAA米
◎珍珠芭樂
hobishanAA芭
【概要】
hobishanAA路1
後壁は台南市の北端に位置し、嘉南平原の中部、八掌
渓及び急水渓の沖積によって形成された地形のため、
東北部の地勢がやや高く隆起している。
hobishanAA老
後壁の旧名は「侯伯寮」とも呼ばれ、これは「頂茄苳」
の後方に位置したことから命名された。土地の人々は
台湾語で「後壁寮」(後ろ側の意味)と略称していた。
hobishanAA田
後壁は嘉南平野に広がる青い田んぼ、緑の中に点在す
る集落、のどかな雰囲気に包まれ、豊かな自然と新鮮
な農産物に出会える町ある。
hobishan米曬
後壁は耕地の90%近くが水田で、農業の中心は米作で
ある。
hobishanAA樹1
米作のほか、グアバ、メロン、蘭の花などを栽培し、
地方の特産品としている。
【見所】
◎後壁の古い木造駅舎
hobishanAA車站
台南境内における最北端の駅舎で、明治35年(1903年)
に開業し、「後壁藔停車場」として運行されていた。
hobishanAA車站01
この駅も関仔嶺温泉への乗換場として盛んであった。
昭和16年頃(1941年)、嘉義の中埔にひどい地震によ
り駅舎の全体が大きな損壊とされた。1943年、修復工
事を経て今まで屹立しつつある。2005年、歴史建築の
指定を受け、保護されている。
◎黃家古厝
hobishanAA黃
1928年に建てられた黃家古厝は、バロック、閩南風の
建築式様が混在する独特の佇まいを呈しており、地元
で「西洋樓仔」と呼ばれている。(一般開放されない)
◎菁寮老街
hobishanAA老1
ここは台南で最も繁華な集落であった。
hobishanAA老2
この町並みは嫁入りの際に新婦が用意する衣類、貴金
属のアクセサリー、中華お菓子、自転車、電化製品な
どを販売する商店がずらりと並んでおり、連日賑わっ
ていた。現在は昔懐かしくて魅力的な町となっている。
◎聖十字聖堂
hobishanAA教堂1
菁寮小学校の眺め斜め正面に位置し、聖フランシスコ
の教会聖堂である
hobishanAA教堂2
。1960年、ドイツの有名な建築家Gottfried Böhmの設
計により建てられた作品で、この建築物は彼が海外に
唯一の作品しかないである。2001年、台湾に行う歴史
建築百景の投票イベントで入選された一つである。
◎烏樹林製糖工場
hobishanAA烏樹
明治43年(1910年)に開設された製糖工場は長ら
く台湾の経済を支えて来たが、現在、胡蝶蘭の栽
培や観光などの事業を生き残りをかけている。
hobishanAA屋1
行楽客を相手に観光列車を運行し、好評を博して
おり、砂糖きび畑の中をのんびりと走る列車は家
族連れなどには大人気を集めている。
◎烏樹林木造駅舎
hobishanAA屋
砂糖きびの運搬を担った製糖鉄道は網のように線
路が敷かれ、地域住民の足として活躍していた。
この烏樹林木造駅舎はいずれも往時の雰囲気を色
濃く残している。
◎小南海風景區
hobishanAA南
茄苳埤と将軍埤など二つ大きな池から合併した灌
漑ダムで、永安ダムと呼ばれている。
普陀寺が湖畔に迫って観音菩薩様を祀る理由によ
り「小南海」の美称を博している。
【有名人】
黃崑濱
hobishan崑伯
崑濱おじさんと呼ばれ、<無米楽>というド
キュメンタリー映画の中で主人公の一つを主
演したことがあるが、第四回台湾全国米作試
合で、「台農71番」のお米として一等賞を取
った。
【宿泊施設】
◎無米樂荷蘭井湧泉民宿
hobishan宿荷
後壁區菁寮里菁寮129號 電話(06)6622705
【地元グルメ】
◎冰糖醬鴨
hobishan食鴉



題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾地方の旅(日本語) | 留言:0 | 引用:0 |
<<日本錢湯58 | 主頁 | ただいま!>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters