Bonjour

TAIWAN木造駅舎の旅(30)

渓湖製糖工場駅
溪湖AA
ここは彰化県の渓湖鎮にある製糖工場であった。
溪湖A
1950年代以降は彰化県で唯一正常に操業していた製糖工
場であるが、
溪湖B
糖業の衰退と共に2002年製糖も停止した。
溪湖P
もちろん人と砂糖きびを運搬する列車も走らなくなり廃線と
なった。
溪湖PP
旧駅舎は完全に廃墟と化した
溪湖K
建物内外は、野ざらしの状態で放置され、
溪湖E
風雨にさらされるばかりとなっている。
溪湖O
荒れ果てた駅務室は、
溪湖M
幽霊屋敷のわびしい雰囲気が周囲を包み込んでいる。
溪湖H
ここまで傷んでしまえば修復することは不可能で、
溪湖D
取り壊しの作業を待つこともなく、この木造駅舎は崩れ落ち、
消え去っていく違いないだろう


題目:台灣鐵道木造車站 - 部落格分类:旅行觀光

和風木造車站 | 留言:0 | 引用:0 |
<<人生の世界之旅 歐洲篇 巴黎1 | 主頁 | TAIWAN木造駅舎の旅(31)>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters