Bonjour

台南県の温泉一

【関仔嶺温泉】グァンジリン
betaopark灣14
◎ 概要:
水火
関仔嶺温泉は泥鉱泉及び水火同源の自然奇觀として名高
く、温泉露頭は枕.虎頭の諸山に囲まれた海拔272mの溪
谷に位置しいている.
kansiryo01.jpg
日本統治時代には台灣の四大名泉のーつ。
明治31年(1898年)に嘉義駐屯步兵が当時の紅葉山公園
にキャンプした時に温泉を発見したのという。
donpoo05.jpg
数年後、明治35年(1902年)に石油を探すため、
井田喜五郎が湯治所として湯屋を創建した。
それは關仔嶺溫泉の最初だとりと思われている。
關仔嶺
国の三級古跡に指定された碧雲寺
現在は温泉旅館、寺廟、などとして行楽の人々を集まている。
關仔嶺1
◎ 泉質:
炭酸ナトリウム.カルシウムを多量がある。
重炭酸土類泉なので石けんの泡立ちはよくない。
湯畑が2所に分布し、泉湯も清湯泉(54℃)
と濁湯泉(84℃)に分けている。
溫泉の形成は泉源が新生代.上新世に固結しな
かった巨大な泥岩地層から六重渓断層を伴い、
湧出したものである。
溫泉が混じったドロドロの泥土や湯の泥湯は台
湾で性格がある名泉を誇る。
◎ 適応症:溫泉の混じった泥土に浸るか、患部に塗るかして
治療に供する。泥浴は水よりも皮膚に与える圧力が大きいので
、皮膚充血を見て血圧を下げる。またハップ剤のような葯品と
して処理されることもある。
◎ 旅館:統茂統茂温泉会館(06)6823456仁惠山莊(06)
6822313、關仔嶺旅館(06)6822321芳谷旅館(06)6822222、
明園別荘(06)6822507
◎交通:台南駅で関仔嶺への直行バスに乗る或は温泉館の送迎
サビースも利用できる

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾の温泉 | 留言:0 | 引用:0 |
<<台湾の美しい鳥類152 | 主頁 | 東京都の温泉52>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters