Bonjour

南投県の温泉六

【丹大溫泉】ダンダッ
丹大
◎ 概要:謎の溪流溫泉
丹打01
旧い資料及びブヌン族の伝說により、丹大渓と郡大渓
の合流沿岸には謎のような数10ヵ所の温泉地がある。
丹打03
そのため、数10年前には台湾大学の登山社が日本統治
時代に出版された旧地図により、丹大温泉を探して来
て、とても幸運で温泉を発見したことがあるという。
丹打04
だが、二度に現地へ再訪する時には元の温泉が発見で
きなかった。
丹大2
数年後、1991年のある日にやって来た、丹大温泉の謎が
とうとう解けた。
danda舊01
実にはこの謎ような温泉が丹大東渓の支流としての卡
阿郎(カアラン)渓に位置し、温泉露頭が100Mほどの
長さえんえんと広がっており、沿岸に乳白色の炭酸カ
ルシウム沉澱物が堆積して彩られる色とりどり美しい
地理奇観になる。
丹大3
◎ 泉質:乳白色の濁ったカルシウム炭酸泉。
     温度90℃。
◎ 適応症:浴用してリウマチ性疾患に效くが飲用して痛風
及び尿酸素質、慢性消化性疾患、アレルギー性疾患に效目。
◎ 宿泊:東埔周辺のホテル、幕営設備。
◎ アクセス:水里で東埔へ行きのバスに乗る。
丹大1
ご注意:入山許可の手続きが必要なもの。
また、人の足を運ばない深山の秘湯なので、行くのはとても
苦労で、道もなく迷いやすい。僻遠の山地なので、全行の半
分以上は徒歩と渓流遡行が必要とする>




題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾の温泉 | 留言:0 | 引用:0 |
<<台湾の美しい鳥類141 | 主頁 | 東京都の温泉43>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters