Bonjour

台湾温泉概要(日本語)

分布圖
台灣は日本にも負けない溫泉の分布密度が非常に高い
島と言えるだろう。
sixgouwei溫1
高雄の宝来温泉
3万6千余り平方㌔の面積には、約128所の温泉地が発見
され、名付けられた。
betaopark灣1
台東の栗松温泉
また、台灣ではバリエーション種類の溫泉があり、た
とえば炭酸泉、間歇泉、泥泉、鉄泉、硫磺泉、単純泉
などは高山から平原、海辺、峡谷にかけて広く分布し
ている。
betaopark外
北投温泉博物館
日本統治時代に豊富な溫泉の資源を開発し、日本の
「湯」文化を台灣に伝えて数多く溫泉旅館及び公共
浴場などを建設した。
betaopark池
北投温泉博物館の公共大浴場
現在までも文化記念物として保存されており、新た
な溫泉浴場でも和風を濃厚に感じられ、日本の湯文
化に大きな影響を受けたものがよく見える。
【台灣溫泉の形成】
betaopark灣2
太平洋のプレート、フィリピン海洋プレート及びア
ジア大陸プレートがこの三つプレートの衝突關係に
よって台灣島が生じた。
betaopark灣11
地震や火山の噴火が各所で起り地形の変動が激しく、
新生代.第三紀の時代の堆積物からなる地層も造陸.
造山運動により、ある程度の速さで土地が隆起を続
けて数千メ-トルの山ができ、地殼が斷層や褶曲を
形成し、地層の岩盤中に保有する地熱は熱傳導を通
じて外部に流出していくが、火山地帶で地下の深所
にマグマが生じ、この熱が高溫の蒸氣や溫泉水を媒
体として局所的に地下の溫度を高めて豐かな溫泉の
資源を形成した。
betaopark灣5
太魯閣国立公園の天祥温泉
台灣の溫泉の分布は火山帶、褶曲山地、斷層地
帶、地震帶などの變動帶に分布と一致している。

【台灣溫泉地の分佈】
betaopark灣6
緑島の朝日温泉
台灣の溫泉地は雲林及び澎湖の2県を除ぎ、各地
に広く分布している。殆ど大局的に雪山山脈と中
央山脈に集中し、数少なく西部の山麓、蘭陽平原、
海岸山脈、綠島、陽明山及び龜山島に散在する。

【台灣に浸かられる溫泉の種類】
1.(炭酸水素溫泉)
betaopark灣12
宜蘭の和平北渓温泉
台湾の溫泉では一番多い。含有成分規定量は水1リッ
トル中、游離炭酸250、固型成分1000ミリグラム以下
のものをいう。なお、ヒドロ炭酸イオン、カルシュウ
ムイオン、マグネシュウムイオンを含むものはそれを
100ミリグラム以下を含む場合も単純土類泉として区
別するほか、単純硫化水素泉、單純塩類泉などと俗称
することもある。
2.(碳酸泉)
betaopark灣冷
宜蘭の蘇澳冷泉
水1リットル中、游離炭酸1000ミリグラム以上を含
み、固型成分の含有が1グラム以下のものをいう。
單純炭酸泉と称することもあるのは重炭酸土類泉な
ど固型成分1000ミリグラム以上を含むものと区別す
るため。さかんに泡が立ち、「泡の湯」と言われる
場合が多く、微溫泉、冷泉が多いのは泉溫が上ると
炭酸が炭酸ガスとして游離するためである。しかし
、ぬるくても入浴して暖かく感ずる「熱の湯」の一
種。飲用するとサイダー用のさわやかな味がする。
3.(重碳酸土類泉)
betaopark灣10
台東の普羽沙楊温泉
水1リットル中、重炭酸カルシュウム及び重炭酸マグ
ネシュウムが固型成份として1000ミリグラム以上含
有されるもので、飲むとさわやかな感じがあるが、
石けんの泡立ちはよくない。
4. (重曹泉)
betaopark灣7
新竹の小屏錦温泉
水1リットル中、重炭酸ナトリュウム(重曹)が340ミ
リグラム以上含有するものをいい、アルカリ性を呈し、
アルカリ性泉の重要なもの。
5.(食塩泉)
betaopark灣安
花蓮の安通温泉
水1リットル、固型成分1000ミリグラム
以上で15000ミリグラム以下のものが食塩泉、それ以
上のものを強食塩泉という。若干の炭酸分を含み、含
重曹食塩泉や含芒硝食塩泉や含沃素食塩泉や含臭素食
塩泉と種類が多い。「熱の湯」の一種で食塩や炭酸に
よって血管が拡張され、体溫が外に逃げなくなるため
に入浴中から入浴後に体の芯からよく暖まる。
6.(鐵泉)
betaopark灣鐵
花蓮の瑞穂温泉
鉄の化合物を含む溫泉をいい、炭酸鉄泉と綠礬泉の二
つに區別される。普通鉄泉といわれるものは湯の出口
では澄んでいても、空気にふれるとすぐ赤褐色に濁り、
茶を入れると黑くなる。
7.(苦味泉)
betaopark灣13
台東の彩霞温泉
苦味泉には三種あり、いずれも1リットルの水の中に
1000ミリグラム以上の固型成份を含むもので、硫酸
マグネシュウムを含むものを正苦味泉、硫酸ナトリュ
ウムを含むものを芒硝泉、硫酸カルシュウムを含む
ものを石膏泉と言う。無色無臭だが、飲むと特有の
苦味があり、浴後は暖かい。
8.(硫黃泉)
betaopark灣八
陽明山の八煙温泉
水一リットル中、硫黃分1000ミリグラム以上を有する
もので、水硫イオンとして存在するものが多く、また
それともに游離硫化水素泉を含有する時は硫化水素泉
と言う。食塩や土類など含有する時もある。白く濁っ
たものが多く、特有の卵の腐った臭いにおいがする。
火山に近いものではかなり高溫のものがある。
9.(鉱泥泉)
betaopark灣8
台南の関仔嶺温泉
溫泉の湧出口が混じった泥土や湯の花をドロドロの泥
湯と言う。
<岩質区分による温泉>
1.【変成岩の温泉】
betaopark灣9
花蓮の二子山温泉
変成岩は地殼運動や火成活動に伴われるので、特定の
地域に分布する。変成した岩体は熱傳導として地下増
温率によると地熱が地中の深さと共に上昇し45℃~
60℃/㎞になる。変成岩の温泉は主に雪山山脈と中央
山脈に分布し、中央山脈に分布する変成岩は千枚岩、
結晶片岩、大理岩、片麻岩とホルンフェスなどが含ま
れて雪山山脈に分布する変成岩は千枚岩、結晶片岩、
硬い頁岩と板岩及び硬い泥岩などが含まれる。変成岩
の温泉は台湾で.3分の2を占める温泉がこの岩質に属
し、温泉の湧出地も殆ど山と渓谷に集中する。

2.【堆積岩の溫泉】
betaopark灣14
台南の関仔嶺温泉
堆積岩が続成作用をこむって固化した岩石.水成岩と
も呼ばれて地球表面の75﹪を覆って台灣島にも広い面
積に堆積岩或いは堆積物を覆って特に西部山麓ではつ
まり西部海岸平原と中央山脈の間に位置する堆積作用
が卓越する。台灣の堆積岩溫泉は数少なく、泉質も大
部分を占める單純の炭酸中性泉として泉溫は地中の深
さと共に上昇する割合の地下增溫率(地溫勾配)によ
って多数的に30℃~65℃程度の低溫溫泉を呈する。

3.【火成岩の温泉】
betaopark灣16
亀山島の海中温泉
火成岩は高溫の珪酸塩溶融体(マグマ)から固結した
岩石、その產狀から地表に出て固結した噴出岩と地下
で固結した貫入岩に二大別される。火成岩の溫泉は地
下のマグマが地表またはその近くに上昇して冷却固化
するまでの間に引き起こすさまざまな作用で噴氣.溫
泉活動.變質.礦化作用などが含まれる。台湾に分布
する火成岩の温泉は北部の陽明山附近、東部の海岸山
脈、蘭嶼及び綠島のほか、唯一の活火山.龜山島に限
られる。
betaopark灣15
陽明山の龍鳳谷湯畑
火成岩の泉溫は50℃~74℃の中溫溫泉、75℃~96℃の
高溫溫泉及び97℃以上の沸騰泉を多く占める。泉質は
火山地帶に多く、多量の水素イオンを含み、酸性や強
酸性を持ち、また硫化水素や食塩や土類などを含む時
もある。

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾の温泉 | 留言:0 | 引用:0 |
<<台湾の美しい鳥類140 | 主頁 | 東京都の温泉42>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters