Bonjour

台湾郷土の旅84

春日チュンリー
tsuwenjishan0.jpg
【面積】160平方㌔
【人口】4987人(2008年)
【人口密度】32/平方㌔
【水道水普及率】77.9﹪
【工場数】資料なし
【村里数】6
【病院数】4
【農林水産物】タロウイモ、マンゴー、山菜(オオタニワタリ)
【名物】
◎パイワン族の岩板屋
tsuwenjishan屋01
◎タロウイモ
tsuwenjishan竽

【概要】
tsuwenjishan海
春日郷は中央山脈の南西側に位置し、台湾海峡の海岸に迫っ
ているため、
tsuwenjishan芒
山地が95%を占めており、山がちだが、なだらかな丘陵地で
マンゴー果樹の栽培に活路を見出している。
tsuwenjishan朝
春日郷境内の住民はパイワン族が多数で、海抜500mを超え
る「老七佳部落」では台湾で最も代表的なパイワン族の粘
板岩屋が50軒近くが現存しており、
tsuwenjishan七
百年前に日本の人類学者森丑之助が部落の綺麗な道を歩い
て岩板屋の精巧な芸術に絶え間ない賞賛したことがある。
tsuwenjishan灣
春日郷は古くからパイワン族の生活、支配した土地であった。
族人は大武山地帯に集落を形成し狩猟を中心とした暮らしを
見送っており、
tsuwenjishan船
1914年には日本軍艦の「薄雲号」「不知火号」などが遠く
の海面に泊まり、艦砲射撃の轟音が寂静な春日郷の山地で
怒りのように鳴り響いて、パイワン族による蜂起の抗日運
動も激しい弾圧が実施された。
tsuwenjishan像
1941年、日本政府は「スボン(率芒)社」を今の春日村西
部へ移住させ、新集落に社名の族稱「Kasuvongan」と音
の近い和風地名「春日社」(かすがしゃ)と命名した。
【見所】
◎老七佳部落
tsuwenjishan屋
老七佳部落は来義郷と春日郷の境界にあり、台湾に現存す
る最も完全でかつ歴史的な意義があるパイワン族の岩板屋
が残っている。
tsuwenjishan七1
山に立てられた岩板屋の石材は遠くの七佳
渓から人力で運搬され、部落までに組み仕
上げたそうで、パイワン族の祖先の苦労を
秘めた石造屋群は民族建築の芸術における
粋とも言うべき物ばかりでその魅力が測り
知れない。
◎力里山
tsuwenjishan力
標高1800mの力里三山は樹木が生い茂り、緑溢れて自然の
良さ、屏東平原の眺望を満喫でき、日帰りハイキングコー
スとして人気がある。
◎士文渓温泉
tsuwenjishan文
「シラカラカウ」山の麓にある忘憂谷という渓谷の秘湯。
温泉の露頭は巨岩の底部から湧出し、湯ファンたちが周
囲に石で囲まれ、露天風呂の趣を楽しめる。
tsuwenjishan文泉
山麓に育む清流の湯で、透明度の高く見も心も柔らげてくる
◎忘憂谷
tsuwenjishan谷
雄大な山々と清麗な渓谷をもつ士文渓は深山に発する混じ
り気のない清流が透明度の高い、美しい水が流れている。
訪れる人は多くはなく、いまだ原始の息吹きを残す。

【年中行事】
◎パイワン族の五年祭
tsuwenjishan祭1

【宿泊施設】
◎士文自然レジャー農場
tsuwenjishan文場
春日郷春日路52-2号 電話(08)8790001
◎力里渓レジャー農場
春日郷力里村円山路140号 電話(08)8791078
【地元グルメ】
◎燻製ポークリブ定食
tsuwenjishan食
◎大漢山土雞城 春日鄉力里段2185號
◎春日山莊土雞城 春日鄉春日村230號 0937685130

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾地方の旅(日本語) | 留言:2 | 引用:0 |
<<日本秘境100選十二 | 主頁 | 台湾の美しい鳥類112>>

留言

一直很想問問,這裡的竽跟日本秋日東北竽煮會的里竽是不是同一品種呢?

秋天的時候,曾經買了竽頭來煮,因為很想念仙台的鍋まつり,但是煮出來的味道完全不一樣,很傷心。
2012-05-07 Mon 10:20 | URL | meizphotolife [ 編輯 ]
> 一直很想問問,這裡的竽跟日本秋日東北竽煮會的里竽是不是同一品種呢?
>
> 秋天的時候,曾經買了竽頭來煮,因為很想念仙台的鍋まつり,但是煮出來的味道完全不一樣,很傷心。

My dear friend

我也吃過日本的里竽、
口感和滋味跟台灣的不太一樣。
我曾經吃過新北市金山沿海地區種植的タロウイモ
真的和台灣其他地方出產的竽頭不一樣!
うまい~♪(゚▽^*)ノ⌒☆下回試一下看看
Eric
2012-05-07 Mon 18:10 | URL | Eric [ 編輯 ]

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters