Bonjour

台湾郷土の旅80

彌陀ミダ
mitou0首
【面積】14.8平方㌔
【人口】20172人(2012年8月)
【人口密度】1473/平方㌔
【水道水普及率】95.3﹪
【工場数】52
【村里数】12
【病院数】10
【農林水産物】ムシロ、カサ、サバヒー
【名物】
◎サバヒー
mitoug魚
(台湾名:虱目魚)
◎ムシロ
mitoug草
◎カサ
mitoug笠
【概要】
mitou港1
弥陀は高雄市西部沿海に位置し、素朴な漁村の郷里。
mitou0首1
弥陀の旧名は「彌羅港」と称し、康熙年間の1685年に
著された『台湾府志』に見ることが出来る。
mitou像
200年前後、阿公店渓の河口には竹の筏で渡る
漢人が進む川の途中に命が危かったことがよく
発生し、そのため岸辺で阿弥陀仏を祀っており、
激流の川に落ちて意外死亡のことも少なくなっ
たという説があり、地名の由来となっている。
mitoug化
漢人が入植する1500百年前にはこの地域が平埔族の住
居地と猟場であった。考古学者らは境内の漯底山附近
で数多くの石斧、石刀、陶器と貝殻などを掘り当てた
ので、蔦松文化と名付けられた。
mitou惡
漯底山は隣接の田寮と阿蓮と同じように雨水の浸食で
生じた小さな山谷の悪地があり、地表で植生が少ない
荒涼の自然がそのままに残っている。
mitou皮
弥陀出身の皮影戯の名人は蔡龍渓という人がいる。
mitoug影
現在、台湾で活躍している五つ中国伝統の影絵芝居界
では例えば、復興閣の許福能、永興楽の張歳、合興の
張春天、東華の張博国及び福徳の林淇亮などが彼の影
響を大きく受けていたという。
mitoug福
特に同じな彌陀出身の許福能さんは文建会に「台湾伝
統的な操り人形のビッグスリー」に指定されている。
mitoug笠作
また、弥陀を代表する伝統工芸の笠とむしろな
どは全国的に名が知られているが、農閑期の副
業としても高い地位を占め、全国的市場を持っ
ている。しかし、現在は需要の低下や稲作技術
の発達などにより、耕地が減少し、笠を作れる
人も少なくなりました
【見所】
◎漯底山
mitoug山
漯底村境内にある漯底山は「凹底山」とも呼ばれ、悪
地で生じた山谷が広がっている。山の周辺では軍事用
地のため、長らく民衆に開放されていなかった。
mitoug山1
近年には軍事施設の撤去により「漯底山自然公園」と
なっており、住民の散策道として休日には賑わいを見
せる
◎南寮漁港
mitoug夕
彌陀の南西側に位置し、埠頭の長さは946メートルで、
臨港地区の面積4.52ヘクタールを占めている。2010年
には台湾十大魅力ある漁港に選ばれ、デートに最適な
スポットだと思われる
mitoug溫
漁港の北側にはもともと不毛の地であったため、同地
を有効利用しようと近年から魚養殖用の人造湖が建設
されることとなっている。
◎呉家古厝
mitoug吳
この赤レンガ造りの旧家屋は三代目の呉祖佛により建
てられ、弥陀境内で唯一の古い伝統的な四合院たので
ある。1986年には一部分が取り払われ道路となってお
り、わびしい雰囲気に満ち、昔の面影残っている。
◎黄金海岸(彌陀海濱楽園)
mitoug岸
海岸の長さは約2キロに延び、見晴らし抜群である。
mitoug夕1
夕日沿海には黄金色に輝く海が広がり、時の移りと共
に変える陽の光が作り出す光と色の芸術はロンマチッ
グで心奪われる。
◎済山宮
mitoug宮
李府千歳を祀っておる済山宮は明末、福建の南安県に
住む孫氏兄弟により創建し、地方の平安を守っており、
1974年にリフォームを行い、再オープンしている。
【宿泊施設】
◎資料なし
【地元グルメ】
◎興義魚丸 サバヒー魚団子
mitoug丸
彌陀區中正路330號 電話(07)6100135
◎上好海產店
mitoug海
彌陀鄉漁港路8號 (07)6106677

題目:台灣本地遊 - 部落格分类:旅行觀光

台湾地方の旅(日本語) | 留言:0 | 引用:0 |
<<日本錢湯19 | 主頁 | 台湾の美しい鳥類130>>

留言

發表留言















只對管理員顯示

引用

| 主頁 |
free counters